玉ねぎの農家のお仕事の始まりです

プラッスチックのトレーに土を入れて種を落として、再び土で覆う

出来上がったトレーは、ハウスに並べて水を散水して保温して発芽を待つ

今まで35年間してきた作業ですが、時代の流れで機械化が進みました

当農園の玉ねぎ「しっとり甘濃い玉葱」の発芽が待ち遠しいです